監理技術者の将来は順風満帆という人は、監理技術者の求人の給料の多さしか見ていない人です。

それほど甘くはありません。

楽をしたいならやめておきましょう。

▽面談で注視されている事柄の裏側にある現実。

建設業の監理技術者について、最近ではあまりにも将来を有望視する見方が増えてきたので、あえて厳しい見方を示しておきましょう。

監理技術者の求人には表だって書かれていませんが、面談採用担当者は、自社に対しての組織適応力やストレスに対する耐性の強さ、キャリア・実績、リーダーシップ能力などを注意深くチェックしています。

ということは、「組織に適応するのは大変で、ストレスの溜まる仕事だ」ということです。

▽楽をして高給な仕事など世の中にはあり得ない。

監理技術者の求人をどのように読み取っているかには個人差がありますが、たいていの人は、「給料が良くて現場監督なのだから、仕事は楽ができるはず」と踏んでいます。

世の中に、そんなに楽ができて高給な仕事があるでしょうか。

現場はコンプライアンスの観点から定時で施工修了となりますが、監理技術者はそこからが仕事。

徹夜に近い日々が長期間にわたることも普通です。

▽現場をまとめ施工の品質を高めていく責任者に楽はありません。

求人が“のべつ幕なし”なのはそのせいです。

監理技術者の仕事が楽なら、求人など頻繁にする必要はないはずです。

キャリアのあるベテランでも、辛くて過酷なので辞めていくのです。

監理技術者は人材の流動化が激しい~。

そのことからも厳しさがうかがえます。

高給なだけのことはあります。

順風満帆とは言えません。

記事RANKING

MENU