新卒者と中途採用の転職者を比較したら、有利な点はいっぱいあるのが当たり前。

しかし監理技術者の場合は、それだけで求人先の会社に好かれるとは限りません。

▽有利な点は数々あったとしても油断はできない。

新卒者のように限られたリクルート期間ではないので、面談のチャンスはいつでもあるという点、これまでの実績とスキルがあるので、それを充実させておけば十分な武器になるという点、即戦力なのでミスマッチな職場配置がなければ、自分のやりたい仕事にすぐに従事できるという点が転職者の有利な点です。

ただしこれらは、自身のスキルが十分にあって、求人先の会社が求めていることとマッチングしていればの話です。

▽スキルや資格は十分でもそれで有利とはならない。

監理技術者という職業のむずかしさは、スキルやキャリアだけでは不十分ということです。

建設現場に入って職人を1つにまとめ、施工日程に遅れがでないようにコントロールしていく~。

コミュニケーション能力とリーダーシップという能力が絶対的に求められる仕事です。

資材の原価計算・利益の確保では、求人先の会社と折り合いをつけつつ、日々円滑に事が運ぶことが前提となります。

▽監理技術者は現場と会社のあいだに挟まって苦労することも多い職業です。

転職者は有利でも求められるものはキツいです。

転職者の有利な点と言いますが、それは転職者にスキルとキャリア、コミュニケーション能力、リーダーシップが整っていればという前提付です。

そうでなければ入社早々に辛い立場に立たされるのも。

会社に貢献できることと努力目標にさせてもらうことはきちんと区別して面談に臨みましょう。

◆参考までに…転職の面接 「不都合な5つの質問」はこう切り返せ!

記事RANKING

MENU